平成30年7.28土 14:30-18:00

〈会場〉 富山県民会館ホール
(富山市新総曲輪4-18)

〈参加費〉 無料 
〈定員〉 900名 
〈主催〉 富山県

立山連峰と雨晴
立山連峰と雨晴

現存する日本最古の歌集「万葉集」。
その編纂に深く関わったとされる大伴家持は、
越中国に赴任した5年間で、
越中に関わる223首にものぼる秀歌を詠んでいます。
今年は、大伴家持の生誕(718年)から1300年を迎えます。
これを記念し、県では、
万葉集の編纂に込められた想いを次世代に継承するために、
「大伴家持文学賞」、「高志の国詩歌賞」を創設しました。
記念式典の開催を通して、現代に生きる県民が、
万葉集から故郷の歴史や文化を学び、
富山への想いや誇りを深めるとともに、富山から全国へ、
さらに世界に向けて家持と家持が詠んだ
本県の魅力を発信します。

記念式典プログラム

◎式辞・祝辞
◎贈呈式

第1回大伴家持文学賞
[世界のすぐれた詩人を顕彰]

受賞者 マイケル・ロングリー 氏(詩人・イギリス(北アイルランド))

第1回高志の国詩歌賞
[富山県ゆかりのすぐれた若い世代(40歳未満)の詩人を顕彰]

受賞者 山田 航 氏 (歌人)

◎海外文筆家からのお祝いメッセージ
◎記念講演
マイケル・ロングリー 氏
◎詩の朗読
室井 滋 氏 (女優、エッセイスト)
◎パネルディスカッション

テーマ「世界の詩歌 日本の詩歌」
パネリスト・コーディネーター

亀山 郁夫 氏
(大伴家持文学賞選考委員、名古屋外国語大学学長)

パネリスト

松浦 寿輝 氏
(大伴家持文学賞選考委員、詩人・作家、東京大学名誉教授)

室井 滋 氏

山内マリコ 氏(小説家・エッセイスト)

◎記念演奏
東儀 秀樹 氏(雅楽師)

松浦寿輝氏
松浦 寿輝 氏

亀山郁夫氏
亀山 郁夫 氏

山内マリコ氏
山内マリコ 氏

同時開催

「大伴家持・越中万葉」
芸術文化展

平成30年 7月22日[日]~29日[日]
9:00~17:00
(初日10:00~開会式)
〈会場〉
富山県民会館 美術館(1階) 
入場無料

〈内容〉

「大伴家持解説展示」

大伴家持年譜、家持越中巡行推定図等の解説パネル、越中万葉絵画 等

「大伴家持や越中万葉をテーマにした文芸・美術作品の展示」

短歌、美術作品(日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真)、いけばな 等

「記念式典」参加申込み方法

はがき、ファクスのいずれかで、
①郵便番号②住所 ③氏名④年齢 ⑤電話番号(携帯電話) ⑥グループの場合は全員(4名以内)の名前、年齢を明記の上、下記までお申し込みください。

◆申込み先

〈はがき〉

〒930-8650(住所記載不要)
北日本新聞社営業局内 大伴家持生誕1300年記念式典事務局 宛
〈FAX〉 076-431-1915
〈WEB〉 Webでの申し込みは終了いたしました。

◆締切日 7月6日(金)必着

※応募多数の場合は抽選となります。
※参加者には参加証をお送りします。(グループの場合は代表者の方宛に全員分をお送りします。)
※応募いただいた個人情報は本事業のみに利用いたします。
※途中入場はできません。

◆問い合わせ先

大伴家持生誕1300年記念式典事務局(北日本新聞社営業局内) TEL.076-445-3326

地図

googleマップで見る

※駐車場の台数が限られていますので、公共交通機関をご利用ください。

pagetop